Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tinlion.blog40.fc2.com/tb.php/27-8757b5b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[mixi日記]児童ポルノ≠児童エロチカ

どうも児童ポルノを規制したい側は、架空の表現や児童エロチカも意図的に混同して駆逐したいようだ。

ちなみに世界標準での「児童」は十三歳以下である。
日本では十八歳未満のことを指すが、
世界基準に合わせて規制するとのたまうのなら、
年齢や表現の基準も合わせるべきであろう。
↓ここから引用***************************************************

児童エロチカ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%AB%A5%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%81%E3%82%AB

児童エロチカ (じどうえろちか; 英語ではChild erotica, Kid's erotica) は主に未成年児童のソフト・エロス的な描写を特徴とするもので、多くは写真などの実写表現をさす。別称、子どもエロチカ。性の芸術的表現であるエロティカの一種とされ、「児童ポルノ」と対比的な概念であり、欧米で使われる。

ストックホルムで1996年に開催された「児童の商業的性的搾取に反対する世界会議」(ストックホルム会議)において、「児童エロチカは、児童ポルノに含まない」という合意がなされているが、どこで分けるかはそれぞれの国の事情にゆだねられており、統一的な規定はない。

↑ここまで*******************************************************

なお、個人的には、アニメ・マンガ・ゲーム等を児童ポルノに含めるのは、
規制したい側のヒステリー以外の何者でもないと考えている。
作品中に現実の人間が存在しない以上、
判断する主体としての登場人物も実在せず、
よって人権の存在の認めようが無く、
判断能力の有無など問いようも無いからだ。

そして、アニメや漫画では今のところ日本が世界基準なわけで、
世界のほうがむしろ、現在の(規制されていない)日本を基準に考えるべきではないだろうか。

また、そもそもこの話題でポルノと看做される物の芸術性についての話がないことも問題だ。
「作品」を作る以上、扇情的に表現するためのものであったとしても、
技術・技法を駆使しなければ扇情的にすらならない。
ポルノであるかどうかと芸術性の評価は別に行わねばならない。
尤も、その「芸術性の評価」も、閲覧者が自身の価値観―あるいは単純に好きか嫌いか―によってなされるので、
好き嫌いの分かれる分野であるが故に、
ある人は認められるし、別の人は認められない、という結果にしかならないだろうが
認められる人が出てくるものならば、芸術作品としても扱うべきである。


結局のところ人間の本質というのは

自分にとって慣れ親しまないもの、気に食わないもの、目新しすぎるものは、排除すべき異質である。
だって自分の慣れ親しんだ好きなものが、崇高なもの・高尚なものだし、
何より自分が正しい(間違っているはずが無い)から相手が異常で間違っている。
だから、「自分の望まない異質」を好む異常な者は
蔑視・排除・駆逐・淘汰すべきで、
排除することが善であり美徳ある。
私の思想や嗜好に従え。

……というものなのだろう。



児童ポルノ 根絶へ省庁が連携
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1042762&media_id=2

 児童ポルノを巡る被害が深刻さを増す中、政府の犯罪対策閣僚会議は近く、児童ポルノ根絶に向けたワーキングチームを発足させる方針を固めた。警察庁によると、09年の児童ポルノ事件の摘発は、過去最多だった08年を上回るペース。国際社会で日本の取り組みの遅れが指摘されていることから、児童買春・児童ポルノ禁止法の改正作業とは別に、関係省庁による対応が不可欠と判断した。諸外国の対策なども参考に、来夏をメドに総合対策をとりまとめる見通しだ。

 新たに設けられるのは「児童ポルノ排除対策ワーキングチーム」(仮称)。今月中旬にも中井洽国家公安委員長が犯罪対策閣僚会議で設置を提案する。関係省庁の副大臣や政務官らがメンバーとなり、10年1月に初会合を開催する。インターネットへの流通防止や被害児童支援について、専門家らから意見を聞くことも検討する。

 チームは、画像分析班の新設といった根絶に向けた重点プログラムを6月に策定した警察庁を中心に、ネット関係事業者に違法・有害情報の早期削除、検索エンジンでの非開示の推進を要請(総務省、経済産業省)▽被害児童の早期発見とカウンセリング、立ち直り支援(文部科学省、厚生労働省、法務省)▽欧米諸国の対策調査(外務省)--など各省庁が連携する。

 警察庁によると、児童ポルノ事件を巡っては、09年上半期(1~6月)に逮捕・書類送検されたのは、382件(08年同期比27.3%増)、289人(同53.7%増)、被害児童数も218人(同51.3%増)と00年に統計を取り始めて以降、過去最悪のペースで推移している。

 児童ポルノ対策を巡っては、欧米などから「日本は児童ポルノの輸出国」と非難されたことから99年、児童買春・児童ポルノ禁止法が議員立法で成立。だが、その後の法改正でも、単純所持の処罰化は見送られ続け、主要8カ国(G8)で処罰化していないのは日本とロシアだけだ。

 また、7月に国連の専門家が実施した訪日調査でも、児童ポルノへの取り組みが不十分と指摘された。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tinlion.blog40.fc2.com/tb.php/27-8757b5b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

Tin Lion

Author:Tin Lion

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。