Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧志摩 メグ:The Japan Times記事邦訳

先のHYPERALLERGIC誌の記事で言及されていた、Japan Times誌の記事も邦訳してみました。
[ ]内は訳者注です。
素人による作業のため翻訳が不正確な可能性があるので、もし問題点があるとと感じた文章があった場合、一度原文の当該箇所も確認してみてください。


The Japan Times誌
‘Ama’ divers denounce ‘obscene’ city mascot, demand its withdrawal
「アマ[海女・海人・海士]」ダイバーが"わいせつな"市のマスコットを非難、撤回を要求
Tomohiro Osaki 
2015年8月11日 歴史面

以下翻訳

続きを読む

碧志摩 メグ:HYPERALLERGIC記事邦訳

最近話題になっている、碧志摩メグの記事が英語でも書かれていたので、取り急ぎ翻訳してみました。

当方による注釈は[ ]内に書いています。
素人による作業のため翻訳が不正確な可能性があるので、もし問題点があるとと感じた文章があった場合、一度原文の当該箇所も確認してみてください。

以下翻訳:
HYPERALLERGIC
Divers Denounce Japanese City’s Shallow New Mascot
「ダイバー達は日本の都市の浅い新マスコットを非難」
Benjamin Sutton 2015年8月13日

続きを読む

米国保守系ニュースサイトによるBBCルポの改竄記事(和訳、大意)

兼光ダニエル真氏が、先日のBBCの記事(和訳)を歪曲・改ざんした「日本の児童ポルノコミック熱狂の合法性に疑問」なる記事があるとツイートしていました。
記事の原文はこちら "The BBC wants to know when Japan is going to ban child porn of the comic book variety."(Breitbart News。 TIME誌の英語の動画あり)

内容が気になって、取り急ぎ文章のみ全文訳してました。
(しかし、あんまりにもあんまりな内容で、悪意的な伝言ゲームの恐ろしさを実感しました)

区別のため訳者注には[ ]を使用しています。


以下翻訳

続きを読む

ネラ・ノッパさんへの反論と、それに対する回答(翻訳中進行中)

前回の記事の、BBCの記事(前々回の和訳記事)に対するネラ・ノッパ氏の声に、対立する意見がHarajukudollhouseのMeg氏から寄せられその意見へのネラ・ノッパ氏の回答がありました
この対立する意見は恐らく表現規制問題の中でも、日本のヲタ文化におけるR-18表現を規制したい側の核心的、かつ共通するであろう感覚が文章化されているものだと感じられ、また海外での反響も大きかったため、両方の記事を翻訳することにしました。(進行中)

なお、区別のため、こちら側でつけた注釈には[ ]を使っています。



以下翻訳

続きを読む

BBCの記事に対して、取材を受けたネラ・ノッパさんの怒りの声(とりいそぎ和訳、大意)

先の記事で触れたBBCの記事、「Why hasn't Japan banned child-porn comics?」について、この記事の執筆者であるジェームズ・フレッチャー氏から取材を受けたネラ・ノッパ氏が、抗議の声をあげています。

こちらも同様に英語で書かれていたので、取り急ぎざっと日本語に訳してみました。
同じく議論の参考までにどうぞ。
(1/9 20:33 末尾の注釈について、金尻カズナ氏の記述を追記、当該のやりとりについてはログを捜索中)


以下和訳

しかし、別のBBCの記事では児童ポルノ支持者としてアニメやマンガのファンを描写する

もしあなたが、他人から流れてきたこの記事を見る場合は、誤解を招く可能性があるので注意を――クリックで広がる広告のように――してください。
お年寄りが演奏のYリフのようにこう繰り返します。「マンガは卑猥だ、けしからん」

続きを読む

BBCの記事について翻訳

BBCが先日公開した記事「Why hasn't Japan banned child-porn comics?」の日本語訳(大意)を書きながら掲載・更新します。書きました。

議論の参考までにどうぞ。

英文記事の反応については、以下のtogetterまとめに様々な意見が寄せられています。
BBC「何故日本では“児童(チャイルド)ポルノ”漫画を禁止しないのか?」(togetter)

なお、取材を受けたクリエイション事務局の見解はこちら。
同人誌即売会が児童ポルノ関連でBBCの取材を受けてみた(togetter)

また北米(英国ではないけれど、英語圏で共通している?)での年齢の感覚については、以下の2つの記事で述べられています。

国境の向こう側とこちら側のセクシュアリティ(togetter)
インタビューを受けていた兼光ダニエル真氏のツイート

モーリー・ロバートソン氏の動画(ニコニコ生放送の録画、バンダイ・ナムコゲームス昨年のPS4のデモ用ゲーム「サマーレッスン」に対する海外の反応についての番組)内での解説
0:22:30~と1:00:00~で言及されています。


個人的には、「犯罪等、そのような行為・状況を作品中で描くこと」と「行為・状況を作品の着地点として肯定すること」は全く別の話だと考えています。

なお、このBBCの記事の筆者であるジェームズ・フレッチャー氏のプロフィールはこちら(英語)

(1/9 20:55 追記) また、このBBCの記事の取材を受けたネラ・ノッパ氏の抗議文を翻訳しました。
           併せてどうぞ。
           BBCの記事に対して、取材を受けたネラ・ノッパさんの怒りの声(とりいそぎ和訳、大意)

以下翻訳

続きを読む

WF2013夏・C84に参加します

遅くなってしまいましたが、イベント参加情報の告知をいたします。

2013年7月28日(日)開催のファンだーフェスティバル2013夏
ならびにコミックマーケット84に参加いたします。

続きを読む

トレジャーフェスタin有明5

こんなギリギリの時間ですがとりあえず告知を~(;´Д`)


トレフェス有明5にて、大型ライトセイバーを販売します。

B-ス-35・36 風の宿EOT研究所

LLS-XX 大型ライトセイバー (rev.1.1)
※刀身と電飾ユニットの改修版になります。
※展示用サンプルは(あれば)旧バージョンのものになります。

もしよろしければ、どんなものか見に来てやってくださいヽ(`Д´)ノ

イベント情報・トレフェス神戸

トレジャーフェスタ in 神戸2 に参加します。

スペース キ 21・22 風の宿EOT研究所

こちらに、

アーンヴァル武器セット スタンドアロン式発光剣 "LLS-XX 大型ライトセイバー"  (3500円)

を置かせていただくことになりました。

皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

表現規制派ってテロリスト的な思考だよねー

表現規制派の日記やブログなんかを見てタイトルみたいなことを思ってたら、実際に脅迫状がアニメの製作会社とかに届いていたらしい。

続きを読む

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

Tin Lion

Author:Tin Lion

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。